MENU

【失敗しない】Huawei vs Apple Watchを徹底比較!どちらが最適?

【失敗しない】Huawei vs Apple Watchを徹底比較!どちらが最適?

こんにちは。スマートウォッチを20本以上愛用し続けている、えなブログ(@enavlog)です。

今回は、スマートウォッチで有名な「Huawei」と「Apple Watch」どちらを購入しようか迷っているという方向け

お互いのスペックや機能を比較して紹介していきます。

・「Apple Watch」をみんな使っているから、別のスマートウォッチが欲しい
・「Huawei」 のスマートウォッチがあるけど、「Apple Watch」と比較してどうなの?
・「Huawei」のスマートウォッチを買うならどれがおすすめ?

こんな疑問を持っている方は参考になるかと思います。

「Huawei」と「Apple Watch」両方使用した経験から、うまく違いを比較していきます!

タップできる目次

Huawei vs Apple Watchを比較!

では、お互いのスペックや違いについて比較していきます。

「自分はこっちの機能があった方がいいな」「こういう用途で使いたいからこっちだな!」と考えながら、みてください!

デザイン性

デザインも結構好みが分かれると思うのでよく考えてみてみてください!

Huawei

・スマートウォッチとスマートブレスレットの2種
・本体カラーと機種が多い
・小さくてかわいい/大きくてカッコいいデザイン

Apple Watch

・機種すべてのウォッチは四角スクリーン
・ベルトは正規品と非正規で種類が豊富
・ウォッチフェイスの種類が豊富

「Huawei」はスマートウォッチの他にスリムで軽いスマートブレスレットタイプがあります。

スマートウォッチ本体のデザイン性かウォッチフェイスのデザイン性でこだわりたいかで変わる印象です。

選ぶポイント!

・ディスプレイが小さい方が良いなら、「Huawei」がおすすめ
・ベルトやウォッチフェイスのカスタマイズにこだわりたいなら、「Apple Watch」がおすすめ
・「Huawei」の文字盤(ウォッチフェイス)はandroidユーザーのみ購入可能がほとんど
(無料版や自分で撮影した写真などのカスタマイズは可能)

スマートブレスレットについて知りたい、他のおすすめも知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

スペック・仕様

スペックや仕様についての違いはこちら。

Huawei

・50m耐久の防水レベル
・重量は約20-45g
・本体カラーは約2-5種類
・iPhone / android ユーザー連携

Apple Watch

・50m耐久の防水レベル
・重量は約40-50g
・本体カラーは約3-5種類
・iPhoneユーザーのみ連携

防水レベルの差はないですが、重量は倍くらいの差があります。

選ぶポイント!

・重量が軽く、腕に負担をかけたくない方は「Huawei」がおすすめ
・androidユーザーは「Huawei」一択
・iPhoneユーザーはどちらでも使用可能だが、一部androidユーザーしか使用できない機能があるので注意

バッテリー持続時間

バッテリーの持続時間については結構違います。

Huawei

・約10-14日のバッテリー持続
・約30分
・充電方法は磁石型

Apple Watch

・約1日のバッテリー持続
・約2時間で充電が満タン
・充電方法は磁石型

選ぶポイント!

・充電が忘れがちで長時間使いたい方は、「Huawei」がおすすめ
・毎日充電できる方は、「Apple Watch」でも大丈夫

磁石型の充電についてよくわからない方は、スマートウォッチの充電方法についてまとめ記事があるので参考に。

タッチ決済・Suica対応

決済やSuica機能についても結構変わるので、注目ポイントです!

Huawei

・タッチ決済機能なし
・Suica機能は使用できない

Apple Watch

・Apple Payでタッチ決済(クレジットカード登録)
・Suica対応しており、定期券やオートチャージ、グリーン券の購入ができる

選ぶポイント!

・車通勤でタッチ決済不要の方は「Huawei」でも大丈夫
・タッチ決済やSuica機能を使いたい方は「Apple watch」がおすすめ

「Suica機能が欲しい!」という方は、Suica機能ありのおすすめスマートウォッチまとめ記事で紹介してるので参考に。

運動機能

運動機能の違いについてはこちら。

Huawei

・歩数・距離・消費カロリー計測
・GPSの搭載
・エクササイズ機能あり

Apple Watch

・歩数・距離・消費カロリー計測
・GPSの搭載
・エクササイズ機能あり

「Huawei」も「Apple Watch」もランニングやウォーキング、ウェイトトレーニングに使用したい運動サポート機能が充実しています。

選ぶポイント!

・運動機能については、どちらも充実している印象
・ランニングや激しめ運動をする方は「Huawei」のスマートブレスレットの方が軽いのでおすすめ

運動管理・サポート機能としてスマートウォッチを使いたい場合は、「Fitbit」というブランドも軽くて機能も充実していておすすめ。

健康管理

健康管理やサポート機能の違いについてはこちら。

Huawei

・心拍数測定
・生理トラッキング
・血中酸素測定機能
・ストレス測定機能
・睡眠測定

Apple Watch

・心拍数測定
・生理トラッキング
・血中酸素測定機能:Series 7 〇 / SE ×
・ストレス測定機能
・睡眠測定

選ぶポイント!

・「Huawei」も「Apple Watch」も健康サポート・管理機能については差がない印象
・経験としてはどちらも他のスマートウォッチよりも優れている

血圧・血中酸素濃度機能付きのおすすめスマートウォッチはこちら

体温測定付きのおすすめスマートウォッチはこちら

+αの機能

そのほかの機能や特徴についてはこちら。

Huawei

・スマホ探し機能
・音声操作機能(androidユーザー)
・リモートシャッター
・長時間座りすぎアラーム

Apple Watch

・テキスト・音声応答可能
・音楽操作機能
・スマホ探し機能
・リモートシャッター
・ドアの施錠操作
・ 電気をつける操作

その他の機能については、アプリを追加できる「Apple Watch」の方が優秀ない印象です。

自分が使いたい機能とそうでない機能と比較してください。

選ぶポイント!

・いろんな機能を試したいのであれば、「Apple Watch」がおすすめ
・「Huawei」も他のスマートウォッチと比較すれば、機能は充実

「ビジネス場面でスマートウォッチを使いたい!」という方は、Sonyの「wenaシリーズ」もおすすめできます。

「ゴルフや登山、釣りなど趣味をよくする!」という方は、「Garmin」のスマートウォッチもおすすめできます。

Huawei vs Apple Watchの主な機種

では、お互いのスマートウォッチを購入するなら、どれが検討対象となるでしょうか?

Apple Watchの主な機種

・Apple Watch series 7
・Apple Watch SE

Huaweiの主な機種

・HUAWEI WATCH GT 3
・HUAWEI WATCH FIT new
・HUAWEI WATCH FIT mini
・HUAWEI Band 6

こちらが私が思う主な機種になりますのでぜひ参考にしてください。

【比較表】Huawei vs Apple Watch

先ほど紹介した主な機種についてのスペックや機能を比較表にしてまとめてみました。

スクロールできます
ブランド HUAWEI WATCH GT 3 HUAWEI WATCH FIT new HUAWEI WATCH FIT mini HUAWEI Band 6 Apple Watch 7 Apple Watch SE
イメージ
定価価格 ¥30,580¥15,180¥16,280¥8,580 ¥48,800~ ¥32,800~
タイプ スマートウォッチ スマートブレスレット スマートブレスレット スマートブレスレット スマートウォッチ スマートウォッチ
サイズ46mm30 x 46mm 30 x 46mm 25.4x 43 mm41mm/45mm 41mm/45mm
スマホ iPhone/android iPhone/android iPhone/android iPhone/android iPhone iPhone
重量 約‎42g 約21g約20g約18g 約32-51g 約31-36g
本体色 5カラー5カラー2カラー4カラー 5カラー 3カラー
防水機能 50m 50m 50m 50m 50m 50m
バッテリー時間 約14日間 約10日間 約14日間 約14日間 約1日 約1日
決済方法 × × × × Apple Pay Apple Pay
Suica × × × ×
睡眠測定
GPS
血中酸素 ×
音声アシスタント機能 × × × ×
音声通話マイク・スピーカー付き × × ×
メッセージ返答 × ×
(androidのみ)
×
音楽操作
(androidのみ)

(androidのみ)

(androidのみ)

(androidのみ)
スマホを探す
ストレス通知
生理トラッキング
AIランニングコーチ × × × × ×
ルートバック機能 × × × × ×
公式ページ公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ公式ページ

まとめ

最後に、「こんな人はHuaweiが合うと思う!」「こんな人はApple Watch向いてるかな!」というのをまとめてみました。

Huawei

・軽くて小さいのが良い
・充電が忘れやすく、バッテリーを長時間使いたい
・車通勤でタッチ決済やSuicaにこだわらない
・iPhone / androidユーザー

Apple Watch

・デザイン性を自由にカスタマイズしたい
・毎日充電できる
・Suicaで定期券やグリーン券を購入したい
・iPhoneユーザー

個人的には女性の方で「Huawei」が良いのであれば、「Huawei Watch Fit mini」がおすすめ。

女性向けのデザインと機能が充実していて、彼女にもプレゼントしてめちゃ喜ばれました!

使ってる様子がみたい方はレビュー記事を参考にしてください。

他には「Huawei Watch Fit」を使用したレビュー記事も紹介してます。

「Huawei」も「Apple Watch」もどちらも使用してみて、生活がぐんと便利になった!というのが正直なところ。

読んでいただいた皆様にもぜひ体験してもらって、生活や仕事をもっと便利にワクワクしてほしいです!

メンズ向けのおすすめスマートウォッチをみたい方はこちら

レディース向けのおすすめスマートウォッチをみたい方はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブログ歴5年。
スマートウォッチをメインにガジェット系の紹介をしています。
普段の仕事は営業やサイト運営などしてます。
スマートウォッチをこよなく愛用してます。

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる