【失敗しない】Fitbit vs Apple Watchを比較!違いから選ぶポイントとは?

【失敗しない】Fitbit vs Apple Watchを比較!違いから選ぶポイントとは?

こんにちは。スマートウォッチを20本以上使用し続けている、えなブログ(@enavlog)です。

今回は、スマートウォッチの「Fitbit」と「Apple Watch」、どちらを購入しようか?と検討している方に向けて、

両者の違いを比較しながら紹介していきます。

「Fitbit」か「Apple Watch」どちらにしようか迷っている方は、こんな疑問を持っていませんか?

・みんなApple Watch 使ってるから別のが欲しいけど…
・Fitbitってスマートウォッチ聞いたことがあるけど、スペックや機能は良いの?
・Apple Watchと比較してから、Fitbitが良ければ使ってみたい!

もし、そのように感じているのであれば、

Fitbit と Apple Watchのスペックや機能の違いをキチンと把握しましょう!

正直どちらもスペック・機能は優秀!
失敗しない選び方ができるように、お互いの違いを紹介していきますね。

タップできる目次

Fitbit vs Apple watch の主な違いは?

それぞれの違いを見ていきます!

自分が欲しいと思う機能やスペックを確認してみてください。

デザイン性

デザイン性の違いについてまとめました。

Fitbit vs Apple watch の主な違いは?
左:Apple Watch 右:Fitbit Watch
Fitbit

・四角スクリーンとスリムなブレスレット型の2種類
・ベルトは基本正規品で種類は多くない
・ウォッチフェイスの種類はまあまあ

Apple Watch

・機種すべてのウォッチは四角スクリーン
・ベルトは正規品と非正規で種類が豊富
・ウォッチフェイスの種類が豊富

選ぶポイント!

・ 軽くて運動に使いたい方はスマートブレスレットがあるFitbitがおすすめ。
・ベルトやウォッチフェイスなど個性を出したいならApple Watchがおすすめ。

スマートブレスレットがよくわからない?他にどんなものがある?と感じる方はこちら

Fitbirのベルトがどんな感じか知りたい方はこちら

スペック・仕様

Fitbitのスペック・仕様
Fitbitの作業イメージ
Apple Watchのスペック・仕様
Apple Watchの作業イメージ

お互いのスペック・仕様の違いについてまとめました。

Fitbit

・50m耐久の防水レベル
・重量は約40-50g(ブレスレット型は約29g)
・本体カラーは約2-3種類
・iPhone/android どちらも連携可能

Apple Watch

・50m耐久の防水レベル
・重量は約40-50g
・本体カラーは約3-5種類
・iPhoneユーザのみ連携

※ただし、「Fitbit」 の場合、androidユーザーしかメッセージのテキストor 音声の返答ができません。

選ぶポイント!

・androidユーザーは「Fitbit」一択
・iPhoneユーザーで、メッセージの応答をスマートウォッチからしたいなら「Apple Watch」がおすすめ

バッテリー持続時間

お互いのバッテリー時間の違いについてまとめました。

Fitbit

・約1週間のバッテリー持続
・最新機種は12分で1日分の急速充電があり
・充電方法は磁石型

Apple Watch

・約1日のバッテリー持続
・約2時間で充電が満タン
・ 充電方法は磁石型

選ぶポイント!

・充電忘れがちの人、毎日充電したくない方は「Fitbit」がおすすめ

スマートウォッチの充電方法の違いについてはこちら

タッチ決済・Suica対応

タッチ決済・Suica対応(apple watch)
Apple Watchでnanaco使用
タッチ決済・Suica対応(fitbit)
FitbitでSuica使用

お互いの決済方法の違いについてみていきます。

Fitbit

・Fitbit Payでタッチ決済
→クレジットカードを登録
・Suica対応しているが、定期券やオートチャージ、グリーン券の購入ができない

Apple Watch

・Apple Payでタッチ決済
→クレジットカードを登録
・Suica対応しており、定期券やオートチャージ、グリーン券の購入ができる

お互いSuicaを利用できるので、バスや改札、買い物などに便利です!

ただし、Fitbitは旧バージョンのモデルだとSuicaに対応していない機種もあり。

選ぶポイント!

・Suicaで定期券やオートチャージ、グリーン券を購入したいなら「Apple Watch」がおすすめ

FItbitのSuciaを使用した様子についてはこちら

Apple watchのsuicaでできることについてはこちら

睡眠測定

お互いの睡眠測定についてまとめました。

Fitbit

・睡眠測定(時間・質など)
・アラーム機能あり

Apple Watch

・睡眠測定(時間・質など)
・アラーム機能あり

「Fitbit」はPremium会員で640円を支払うと、より詳細な睡眠の分析などができます。

選ぶポイント!

・正直、毎日充電しないといけない「Apple Watch」は睡眠測定に向いていない
・睡眠測定をしたいなら充電が約1週間持つ「Fitbit」をおすすめ

運動機能

お互いの運動機能の違いについてみていきます。

Fitbit

・歩数・距離・消費カロリー計測
・GPSの搭載
・エクササイズ機能あり

Apple Watch

・歩数・距離・消費カロリー計測
・GPSの搭載
・エクササイズ機能あり

どちらもランニングやウォーキング、サイクリング、ヨガ、ウエイトなどのエクササイズは豊富です。

選ぶポイント!

・どちらも運動向けの機能は充実している
・ランニング向けに重量が軽いのであれば「Fitbit」のスマートブレスレットタイプがおすすめ

健康管理

お互いの健康管理の違いについてみていきます。

Fitbit

・心拍数測定
・生理トラッキング
・血中酸素測定機能
・ストレススコア

Apple Watch

・心拍数測定
・生理トラッキング
・血中酸素測定機能:Series 7 〇 / SE ×
・ストレス測定機能

選ぶポイント!

・どちらも健康管理機能についてはかなり充実しており、優越はあまりない印象

+αの機能

Fitbit スマホを探す
スマホを探す
amazon music の音楽操作
amazon musicの音楽操作

最後に+αの機能についてみていきます。

Fitbit

・音声アシスタント機能(Google音声 or Alexa)
・テキスト・音声応答可能(androidユーザーのみ)
・スマホを探し機能
・音楽操作機能(Spotify)

Apple Watch

・音声アシスタント機能(Siri)
・テキスト・音声応答可能
・スマホ探し機能
・音楽操作機能

選ぶポイント!

・+αの機能はお互いにそん色がない印象
・「Apple Watch」の方がアプリが豊富で追加できる
・一部の機種で使えない機能もあるので要注意

Fitbit vs Apple Watch 買うならコレ!

お互いの違いについて、いろいろ紹介させていただきました。

では、「Fitibit」と「Apple Watch」どの機種がおすすめなのか

お互いの人気な機種をみていきます。

Apple Watchの主な機種

・Apple Watch Series7
・Apple Watch SE

最新版だと主にこの2つが検討の対象となると思います。

Fitbitの主な機種

・Fitbit charge5 (charge4 ブラック)
・Fitbit Sense
・Fitbit Versa3

最新版だとこの3つが検討対象になると思います。

※Fitbit charge4 のブラックのみSuica機能が搭載。

Fitbit vs Apple Watchの比較表

先ほど紹介した「Fitbit」と「Apple Watch」の主な機種について比較表でまとめてみたので、

購入する際の参考にしてみてください!

スクロールできます
機種Fitbit charge 5Fitbit Sense Fitbit Versa3 Apple Watch 7Apple watch SE
イメージ
定価価格¥24,990¥34,990¥24,990¥48,800~¥32,800~
タイプスマートブレスレットスマートウォッチ スマートウォッチ スマートウォッチ スマートウォッチ
スマホ iPhone/android iPhone/android iPhone/android iPhone iPhone
重量約29g 約46g 約42g約32-51g約31-36g
本体色3カラー3カラー5カラー5カラー3カラー
画面サイズ36.8 x 22.8mm40.48 mm 40.48 mm 41mm / 45mm 41mm / 45mm
防水機能50m 50m 50m 50m 50m
バッテリー時間約1週間 約1週間 約1週間 約1日 約1日
急速充電 × 〇(12分で1日分) 〇(12分で1日分) × ×
決済方法Fitbit Pay Fitbit Pay Fitbit Pay Apple Pay Apple Pay
Suica
睡眠測定
アラーム
GPS
血中酸素×
音声アシスタント機能 ×
メッセージ返答androidのみ androidのみ androidのみ
音楽操作Spotify Spotify Spotify
スマホを探す
ストレススコア
ストレス通知

上記で紹介したFitbitのレビュー記事を紹介しています。

まとめ

正直、「Fitibit」も「Apple Watch」も両方とも機能やスペックが優秀です!

最後にどちらがおすすめかまとめたみたので参考にして実際に使ってみてください!

Fitbit がおすすめの方!

・スマートブレスレット型が欲しい方
・iPhone / android ユーザー
・返答機能が欲しい方はandroidユーザー
・バッテリー長時間が良い方
・睡眠測定機能を毎日使いたい方
・重量をなるべく軽くしたい方

Apple Watchがおすすめの方!

・デザインをアレンジして個性を出したい方
・iPhone ユーザーのみ
・毎日充電できる方
・Suicaで定期券やグリーン券の購入をしたい方
・いろんなメディアから音楽を聴く方
・アプリをどんどん追加したい方

私が併用もおすすめする理由

実は私は「Fitbit charge」と「Apple Watch SE」を併用して使っています!

理由はこちら

理由①:日常は「Apple Watch」を使用 → iPhoneユーザーでメッセージ応答機能を使いたい、Suicaでグリーン券の購入もしたいから。
理由②:睡眠と運動時は「Fitbit」を使用 → バッテリーが長時間持続し、重量も軽いから。

本当に両方使って、生活が便利になり健康意識が変わりました!

正直どれ選んでも正解です!実際に体験して日常をもっと便利に、健康意識に変えてみてください!!

メンズ向けのおすすめスマートウォッチはこちら

レディース向けのおすすめスマートウォッチはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブログ歴5年。
スマートウォッチをメインにガジェット系の紹介をしています。
普段の仕事は営業やサイト運営などしてます。
スマートウォッチをこよなく愛用してます。

コメント

コメントする

タップできる目次