MENU

【Fitbit Charge4】Suica対応の設定や使い方をご紹介!

【Fitbit Charge4】Suica対応の設定や使い方をご紹介!

Fitbit charge4のレビューの記事で、購入した様子をご紹介していますが、

今回、この記事ではSuica機能を特化して、実際にSuicaを使った設定方法や入金(チャージ)方法、履歴の見方、実際に使用した様子を紹介してます。

今回の記事が参考になる人

  • Fitbit charge4のSuica対応を知りたい 
  • 設定方法を知りたい
  • 入金(チャージ)方法を知りたい
  • 履歴の見方を知りたい
  • 実際に使ってる様子を見たい
  • 利用者からの注意点を知りたい
    タップできる目次

    Fitbit charge4 Suica対応の使える場面!

    Fitbit charge4でSuica利用可能な場面

    • Suicaを使用する電車やバスなどの交通機関
    • 一部の自動販売機
    • コンビニエンスストア
    • コインロッカー
    • お店

      詳しく見たい方は、Fitbit公式ページで利用可能な場所を説明しております。

      Suicaの設定方法

      Suica設定までの流れ

      • アプリのホーム画面からウォレットを表示
      • 端末のセキュリティ設定
      • Suica発行と基本情報の入力

        ホーム画面の左上「アカウント」>「スマートウォッチ名」>「ウォレット」を開くと説明が表示され、

        「開始」をタップすると設定がはじまります。

        まず、端末のセキュリティを設定していきます。

        セキュリティ設定のため、スマートウォッチの端末ロックから設定します。

        4桁の数字を入力しましょう。

        最初だけ暗証番号を設定し、その後、Fitbit Pay ウォレットにSuicaを追加します。

        次に、「Suica」をタップすると、発行の手続きに入ります。

        あとは、基本情報を設定し登録完了。

        ・氏名

        ・生年月日

        ・性別

        ・携帯電話番号

        その後、最初のチャージ額を設定します。

        Suicaのチャージ方法

        では、次にチャージ方法を見ていきましょう。

        • アプリのウォレット>Suica>入金(チャージ)をタップ
        • 希望の金額を指定して、「お支払いに進む」をタップ
        • Google Payで支払い手続きをする

        「お支払いに進む」をタップすると画面が切り替わります。

        こちらのスマートウォッチはGoogle Payを通じて支払いが行われるので、

        Googleアカウントへのログインを求められます。

        ログインすると特約が表示されるので、確認の上「同意」を押すとSuicaの設定が完了します。

        チャージは1円単位で入力可能です

        既に登録済みの支払い方法(カード情報)であれば、再ログイン等なしで簡単にチャージができます。

        こちらのスマートウォッチ1台につき、Suica1枚しか発行できません

        複数枚使い分けたい方は、別途スマートフォン側で作成するか、実際のカードを発行しましょう。

        オートチャージはできる?

        結論から言うと、Fitbit デバイスではオートチャージはできません

        現金でSuicaに入金(チャージ)したい場合は、

        JR東日本の券売機を利用するか、Suicaが利用できるコンビニのレジで対応できます。

        Suicaの入金チャージまとめ

        1、アプリでGoogle Payで支払いチャージ

        2、JR東日本の券売機でチャージ

        3、Suicaが利用できるコンビニのレジでチャージ

        Suicaの入金残高の確認方法

        Suica入金残高の確認する流れ

        • ホーム画面の左上「アカウント」→タップ
        • 「スマートウォッチ名」→タップ
        • 「ウォレット」→タップするとSuicaが表示

          こちらの画面から下記の操作が可能です。

          ・チャージ

          ・利用履歴の確認

          ・利用者情報の更新

          ・Suicaの削除

          履歴をダウンロード、領収書を発行する方法

          利用履歴については、前日分までのチャージ、出金を一覧で確認することができます。

          支払い金額、利用場所名(駅の場合はどの駅で乗車してどの駅で降車したか)が表示されます。

          また、全履歴をメールで送信することも可能です

          メールに送信して、領収書として精算しましょう。

          実際にSuica機能を使った様子!

          チャージ後に実際に、Suica機能を使ってみました

          Fitbit charge4のボタンを押す必要もなく、かざすだけで大丈夫でした!

          ちゃんと改札機も反応してくれます。

          あとは、ファミマのコンビニでも利用

          財布を出さなくても良い、便利さを感じました。

          使ってみた注意点!

          実際利用してみて、気づいた注意点もあったのでご説明します。

          ・Suicaを使用する際はスマホを近くに置いておく必要はなし。

          ・電車内で充電が切れた場合は、駅員さんに説明して現金払いで問題なし。(次回、改札利用前に駅員さんへ説明)

          ・グリーン券や定期券は購入できない。

          ・JRE POINT(JR東日本ポイント)は貯められる。

          ・チャージの上限が最大20,000円までに増える。

          ・新幹線「eチケットサービス」は、「えきねっと」への申込が必要である。

          ・「タッチでGo!新幹線」は、券売機での利用開始登録が必要である。

          あわせて読みたい
          【購入レビュー】Suica対応の「Fitbit charge4」を紹介! 2021年3月4日にフィットビットより新発売された「Fitbit Charge4」アップデート版。 今回、初のSuica対応モデルが発売されました。 こんな方におすすめ! ・小型でSuica...

          動画でも購入レビューを紹介しています。

          こちらの動画ではSuicaの対応は紹介せずに、Fitbit Charge4の開封から全体レビューです。

          よかったらシェアしてね!
          • URLをコピーしました!
          • URLをコピーしました!

          この記事を書いた人

          ブログ歴5年。
          スマートウォッチをメインにガジェット系の紹介をしています。
          普段の仕事は営業やサイト運営などしてます。
          スマートウォッチをこよなく愛用してます。

          コメント

          コメントする

          タップできる目次
          閉じる