【体験レビュー】Fitbit senseを購入!健康データを知る最強スマートウォッチ!

【体験レビュー】Fitbit senseを購入!健康データを知る最強スマートウォッチ!

こんにちは。スマートウォッチを20本以上愛用し続けている、えなブログ@enavlog)です。

今回は、Fitbitの最新スマートウォッチ「Fitbit sense」を購入したので、

スペックやできること、実際に機能を使った様子をご紹介します。

こんな方におすすめの記事です。

・Fitbit senseで何ができるか知りたい方
・実際に使ったレビュー体験を見たい方
・Apple Watchや他のFitbitシリーズと比較したい方

デザイン性+健康・運動機能、めちゃ充実したスマートウォッチです!

タップできる目次

Fitbit senseとは?

まず、「Fitbit sense」のコンセプトは「さらなる健康へと導くイノベーション」。

では具体的に、どんなスマートウォッチで、なにができるのか?について紹介していきます。

規格・仕様

スペック•仕様についてまとめてみました。

メーカーFitbit sense
発売日2020年10月2日
対応スマホ機種iPhone / Android
画面サイズ縦 40.48 mm x 横 40.48 mm
重さ46.2g
カラーブラック/ホワイト/グレー
防水レベル深水50m

発売日が2020年10月2日なので、比較的に新しいスマートウォッチと言えるでしょう。

深水50mまでの耐水レベルがあり、水泳やプールも対応できると公式ページで明記してあります。

なので、お風呂も大丈夫だと思います。

サウナは使ったことがないので、わかりません,,,,

機能一覧

では、機能として何ができるのか?一覧にしてまとめてみました。

生活便利機能

・アラーム
・タイマー
・SNS•メール通知
・文字盤・ウォッチフェイス
・スマホを探す
・常時表示モード
・音声アシスタント
・メッセージ返信
・着信、手首で通話
・音楽操作(Spotify)
・キャッシュレス決済(Suica)

運動・健康機能

・血中酸素濃度の計測・データ
・心拍数・呼吸の計測・データ
・ストレススコア(皮膚電気)
・皮膚温を計測
・睡眠スコア計測
・いびき感知
・歩数・距離・消費カロリー計測
・20種類のエクササイズ
・GPS機能
・生理トラッキング

Apple Watchやガーミンとは遜色ないほどの機能が搭載されていることがわかります。

私は1万円以下の格安スマートウォッチはおすすめしていませんが、

こちらの機能の充実をみてもお分かりできると思います。

口コミ•評判

口コミ•評判についてTwitterで見てみました。

SuicaやFitbit Payなどのウォレット機能、

皮膚電気機能や血中酸素濃度などの健康機能に満足している方が多いなという印象です。

一方で、付属品のシリコン製バンドだと蒸れるという声もあったので、

定期的に外したりバンドを交換した方がいいという意見もありました。

【レビュー】Fitbit senseの機能を実際に使ってみた!

では、実際に購入したレビューの様子をご紹介していきます。

【レビュー】Fitbit senseの機能を実際に使ってみた!
カッコいいデザイン性のある箱

届いた箱の第一印象としては、テクノロジー的なワクワクさせるデザイン!と感じました。

プレゼントとしても喜ばれそうな高級感もある印象です。

付属品はこちら。

付属品一覧
付属品一覧

付属品

・Fitbit sense本体
・充電ケーブル
・バンド(S / Lサイズ)
・取扱説明書

取扱説明書は日本語で記載あり

取扱説明書・クイックスタートガイドが同封されています。

取扱説明書は日本語で記載あり
取扱説明書(日本語説明あり)

色んな言語で記載はされていますが、日本語で記載されているので安心です。

ただ、詳細には書かれていないので本記事かFitbit公式マニュアルページを参考にされるのが良いと思います。

バンド・ベルトは容易に交換可能

付属でついているのは、シリコン製のバンド

バンドの留め具部分が重なるので、激しい運動でも落ちないのが特徴的です。

付属はシリコン製のバンド
付属はシリコン製のバンド
留め具が重なるので外れにくい
留め具が重なるので外れにくい

シリコン製バンドだと長時間つけると蒸れるという意見もあります。

そういった方はスポーツバンドやレザー、ナイロン、ループバンドなど好みに合わせて交換すれば良いと思います!

公式ページで純正品やamazonで互換性のあるバンドが販売されているので、ぜひチェックしてみてください。

ちなみにバンドの変更は1分ほどでできちゃいます。

・バンドはSとLサイズがあり、サイズには困らない
・付属のシリコンバンドは激しく動いても落ちにくい
・シリコンは長時間つけると蒸れる可能性がある
・好みのバンドを購入して交換も簡単にできる

画面サイズ・大きさ・重さ

画面サイズやウォッチの大きさについてわかりにくいと思ったので、

各スマートウォッチを横並べにして大きさを比較にしてみました。

画面サイズ・大きさ・重さ
左からFitbit charge4、5、Fitbit versa3、Fitbit sense、Apple Watch SE

実際に腕につけた様子は下記なので、大きさの参考にしてください。

Fitbit senseの大きさ
Fitbit sense
Apple Watch SEの大きさ
Apple Watch SE

Fitbit sense の画面サイズ:縦・横 40.48 mm
Apple Watch SE の画面サイズ:縦・横 40mm / 44mm

感触でいうと、Fitbit senseとApple Watch SEは、だいたい同じくらいの大きさです。

重さ:46.2g
重さ:46.2g

・画面サイズはApple Watchとほぼ同程度
・重さはApple Watchより5gほど重い

充電方法・バッテリー

充電ケーブルを使って充電します。

充電ケーブルと本体を接続
充電ケーブルと本体を接続
磁石で装着するだけで充電完了
磁石で装着するだけで充電完了

USBアダプターかPCなどのUSB口が必要なので、注意しましょう。

充電できないときは、充電ケーブルが上手く接続できているか確認しましょう。

充電時間(急速充電)12分で1日分の充電
充電時間(フル充電)約1時間
バッテリー時間約1週間
ワイヤレス充電×

実際に使ってみて、1週間ほど持ったので毎日充電しなくていいなと思いました!(HPでは6日間の記載)

さらに嬉かった機能が、設定次第で急速充電ができること。(普段は穏やかな充電も可能)

朝起きて充電がない!という時に、急速充電で何度か助けられました。。

・バッテリーが約1週間で毎日充電の必要なし
・もし充電がなくても急速充電ができる
・充電ケーブルが約40cmで若干物足りない

生活便利機能を使ってみた!

充電ができたら、スマホとFitbit senseをBluetoothでペアリングすることができます。

専用アプリと同期すればこれから紹介するたくさんの機能が利用できます!

文字盤・ウォッチフェイス

文字盤・ウォッチフェイスは専用アプリで変更できます。

文字盤・ウォッチフェイス
文字盤(アプリ)
文字盤(有料版)
文字盤(有料版)

種類が豊富で、実際に変更した様子を紹介します。

かわいい文字盤(無料)
かわいい文字盤(無料)
アナログ文字盤(無料)
アナログ文字盤(無料)
ユニークな文字盤
ユニークな文字盤(無料)
派手な文字盤
派手な文字盤(無料)

有料版の方がカッコいいデザインが多いのが正直なところです!

・専用アプリで文字盤を好きにカスタマイズできる
・有料版の方が綺麗なデザインが多く、無料版はシンプル
・有料版は○で購入できる

メール・SNS•LINE通知

メールやLINE、InstagramなどSNSの通知を受け取ることも可能です。

設定方法は専用アプリで受け取りたいアプリを選択します。

Fitbitアプリでの通知設定画面
Fitbitアプリでの通知設定画面

実際の通知の様子は下記の通り。

通知一覧画面
通知一覧画面
インスタグラムの通知
インスタグラムの通知

LINE通知の様子は下記の通り。

LINE通知の様子
LINE通知の様子
スタンプは表示されない
スタンプは表示されない

その他、カレンダー通知などで予定を確認することも可能です。

・ディスプレイが綺麗で通知がかなり見やすい
・絵文字は表示される
・スタンプは表示されない
・Androidのみ返信機能が付いている

手首で着信•通話

Fitbit senseを手首で装着しながら通話も可能です。

実際に通話している様子はこちら。

手首で着信•通話
手首で通話
通話中に音量を上げられる
通話中に音量を上げられる

・音量を上げれば、問題なく声は聞き取れる
・通話中にスマホに切り替えることもできるので、雑音が入ればスマホに変更できる

スマホ探す

「でかけるのに、スマホが見つからないっ!」という方には、

Bluetoothが繋がる距離であれば、スマホ探し機能ですぐにスマホを見つけることができます!

スマホ探す
スマホ探す

・Bluetoothが繋がる距離ならば、スマホを探せる
・音はかなり大きいので見つけやすい!

スマホをなくしやすい方は、スマホ紛失防止グッズを参考にしてください。

各種モード設定

自分の好みに合わせて、おやすみモードやサイレントモードに設定できます。

夜に送られる通知を止めたい方は、設定変更ですぐに解消できますよ。

おやすみモード
おやすみモード
サイレントモード
サイレントモード

逆に常時表示設定もできるので、すぐに画面が暗くなるのも防ぐことも可能です。

タイマーやアラーム
タイマーやアラーム
常時表示
常時表示

・常時表示設定が可能
・夜はおやすみモードで通知をオフに
・タイマーやアラーム、天気機能も搭載

音楽再生コントロール

Fitbit のPremium会員になれば、Spotifyと連携して音楽操作のコントロールができます。

Fitbit Premiumの会員料金

・月額:640円/月
・年間:6,400円/月

Fitbit Premiumでできること

・今日のエナジースコア(動くか休むか推奨アドバイス)
・ストレススコア
・血中酸素や心拍数などの90日間の健康データを分析
・血糖値の傾向など

Fitbit Premiumを使わなくても健康機能は充分ですが、

より分析や数値化したいならPremiumに加入するのもアリです!

音声アシスト

iPhoneのSiriのような、Fitbit senseに話しかけるだけで対応してくれる「音声アシスト」機能があります。

アレクサとGoogleアシスタントのどちらかを選べるのですが、アレクサを実際に使った様子がこちら。

音声アシスト(アレクサ)
アレクサで天気を確認した様子
音声アシスト(google アシスタント)
アレクサでSPY×FAMILYについて聞いた様子

左は「明日の東京渋谷区の天気は?」という質問の答え。

右は「SPY×FAMILYについて教えて」という問いかけの答え。

・Google アシスタントかアレクサどちらも使用できる
・音声の認識はかなり精度が高い印象

Fitbit Pay・Suica機能

Fitbitの専用アプリのウォレットを設定すれば、Fitbit Pay(Google Pay)を使ってSuicaを利用できます!

専用アプリからFitbit Payで支払うクレジットカードを入力する作業が事前に必要になります。

Fitbit Pay・Suica機能
ウォレット表示
Suica起動
Suica起動

モバイルSuicaと連携しなくても、Fitbitの専用アプリでSuicaを新規に発行できますよ。

Fitbit Payでできること

・Suica → ◯
・Pasmo:×(Suicaで電車など利用できます)
・クイックペイ:×
・PayPay:×
・楽天edy:×

Fitbit sense のSuica機能の設定や使い方については、下記をご参考にしてください。

各スマートウォッチによって、利用できる電子マネーが異なります….

各電子マネーが使えておすすめのスマートウォッチは下記の記事で紹介しています。

・現在は使えてますが、最近Suicaが一時的に使えないアップデートがありました。

健康・運動管理機能を使ってみた!

血中酸素濃度や心拍数などの健康・運動管理機能を使った様子をご紹介します。

ただ、Fitbit は医療器具ではないのであくまで参考値としてください。

心拍数・血中酸素濃度・皮膚温度を測定

心拍数の測定の様子は下記の通り。

心拍数の測定
心拍数の測定

血中酸素濃度の測定は下記の通り。

血中酸素濃度測定
血中酸素濃度測定

皮膚電気活動の計測は下記の通り。

皮膚電気活動
皮膚電気活動

ストレスの計測は下記の通り。

ストレス測定
ストレス測定

・基本的に自動計測して、専用アプリで確認できます!

心電図(ecg)は日本で未対応

現在、日本では心電図アプリの対応がされていません

調べてみると、心電図アプリは10月から対応と記載があります。

心房細動を確認し、医師と共有できるようです。

アプリ対応するようになれば、追記でレビューさせていただきます!

睡眠スコア計測

Fitbit senseを装着して寝れば、FItbit アプリで睡眠時間や質を計測してくれて睡眠スコアを出してくれます。

睡眠スコア(アプリ画面)
睡眠スコア(アプリ画面)
睡眠計測でわかること

・睡眠トータル時間
・寝た / 起きた時間
・ノンレム睡眠 / レム睡眠時間
・平均時間
・睡眠スコア

正直にいうと、Fitbit senseを装着しながら寝るのは少し重くて窮屈だと感じました。

ただ、睡眠スコアや時間の計測など機能は充分なので、Fitbit charge5が個人的におすすめだと思います。

Fitbit charge5は29gで、Fitbit senseより10gほど軽いです!

歩数・消費カロリー・距離計測

下記は、歩数・消費カロリーの表示画面

もちろん、専用アプリでも確認できます。

歩数・消費カロリー・距離
歩数・消費カロリーの画面

・目標値に対して残りの数値が表示されるので、モチベーションが上がる!

運動機能・エクササイズ

運動機能の中で、エクササイズ機能が搭載されてます。

GPSでサイクリングやウォーキング、ランニング、登山、ヨガなどの運動量を計測できます。

下記は、エクササイズ機能のウォーキングを測定した様子

運動機能・エクササイズ
ウォーキングモードの様子

読者の方の中には、ゴルフが趣味な方がいるかもしれません。

スマートウォッチでスコア管理やヤード数を測りたい方は、

多様な趣味に管理機能が搭載しているGarminのスマートウォッチをおすすめします。

Apple Watch、charge5、versa3と比較・違い

最後に、「Fitbit sense」と「Fitbit versa3」、「Fitbit charge5」、「Apple Watch」について、

スペックや機能の違いについて比較表でまとめてみました。

スクロールできます
ブランドFitbit senseFitbit versa3Fitbit charge5Apple Watch
series 7
Apple Watch
SE
イメージ
サイズ縦横40.48mm縦横40.48mm縦 21.93 × 横14.75mm縦横41mm / 45mm縦横41mm / 45mm
重さ約42.2g 約42g約29.3g約32-51g約31-36g
スマホiPhone / AndroidiPhone / AndroidiPhone /
Android
iPhoneiPhone
本体カラー3カラー5カラー3カラー5カラー3カラー
防水深水50m深水50m深水50m深水50m深水50m
バッテリー時間約1週間約1週間約1週間約1日約1日
決済方法Fitbit PayFitbit PayFitbit PayApple PayApple Pay
Suica
睡眠測定
GPS
血中酸素×
音声アシスタント×
音声通話
メッセージ返答AndroidのみAndroidのみAndroidのみ
音楽操作SpotifyのみSpotifyのみSpotifyのみ再生中アプリ再生中アプリ
スマホを探す
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ

FitbitもApple Watchも「Suica」を使用できますが、

Apple Watchのみ定期やグリーン券の購入ができます。

Fitbit と Apple Watchの違いについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

まとめ・評価

今回、Fitbit senseのアプリ機能やスペックなどを紹介させていただきました。

最後に私が感じたメリット•デメリットの感想をお伝えさせていただきます。

メリット

・運動・健康管理、生活便利機能は多い
・Suicaが使える
・バッテリーが長く、充電も早い
・音声アシストが使える
・手首で音声通話ができる
・今後アプリの拡充が見込める

デメリット

・価格が高め
・Androidしか使えない機能もあり
・重量が若干重め
・Suicaは定期とグリーン券の購入ができない

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブログ歴5年。
スマートウォッチをメインにガジェット系の紹介をしています。
普段の仕事は営業やサイト運営などしてます。
スマートウォッチをこよなく愛用してます。

コメント

コメントする

タップできる目次