【体験レビュー】Fitbit versa3を購入!健康・運動管理機能のコスパが最適

【体験レビュー】Fitbit versa3を購入!健康・運動管理とコスパのバランスが最適

こんにちは。スマートウォッチを20本以上愛用し続けている、えなブログ@enavlog)です。

今回は、Fitbitの最新シリーズ「Fitbit Versa3」を購入したので、

スペックや仕様、アプリと連携して実際に使用した様子を紹介していきます。

こんな方に参考になる記事です。

・Fitbit versa3で何ができるか知りたい方
・実際に使ったレビュー体験を見たい方
・Apple Watch や Fitbit senseと比較したい方

実際に使ってみて「コスパ良くてこんな機能使える!?」といった印象のスマートウォッチでした!

タップできる目次

【結論】Fitbit versa3で使用して変わったこと

結論からお伝えすると、

Fitbit versa3を実際に使用して生活が変わったことは、下記の通りです。

Fitbit versa3購入後の生活変化

・歩数とカロリーを気にして、運動する頻度が増えた
・血中酸素濃度やストレスなど健康面を気にするようになった
・スマホいらずのキャッシュ頻度が高まった

健康と運動などの生活QOLが上がった気がします!

Fitbit versa3とは?

では、早速「Fitbit versa3ってどんなスマートウォッチなの?」というところから

ご紹介していきたいと思います。

仕様・スペック

「Fitbit veasa3ってどんなスマートウォッチ?」というのを知るために、

仕様やスペックを表でまとめたので参考にしてください。

メーカーFitbit versa3
発売日2020年10月2日
対応スマホ機種iPhone / Android
画面サイズ縦×横 40.48 mm
重さ約42g
カラーブラック/ピンク/オリーブ/
シスル/ミッドナイト
本体素材アルミニウム
防水レベル深水50m

ちなみにFitbit Versa3の読み方は、「フィトビット ヴァーサスリー」になります。

防水レベル:深水50mまで耐水があり、水冷やプールでも対応可と記載があり

お風呂は大丈夫だと思いますが、サウナは不明です。(今度試してみます…)

海外の製品になりますが、言語はちゃんとした日本語に設定できます。

機能は何ができる?

では、「Fitbit versa3の機能は何ができるの?」と疑問の方に、

「生活」と「運動・健康機能」と2つに分けてまとめてみました!

生活便利機能

・アラーム
・タイマー
・SNS•メール通知
・文字盤・ウォッチフェイス
・スマホを探す
・常時表示モード
・音声アシスタント
・メッセージ返信
・着信、手首で通話
・音楽操作(Spotify)
・キャッシュレス決済(Suica)

運動・健康機能

・血中酸素濃度の計測・データ
・心拍数・呼吸の計測・データ
・ストレススコア(皮膚電気)
・皮膚温を計測
・睡眠スコア計測
・いびき感知
・歩数・距離・消費カロリー計測
・20種類のエクササイズ
・GPS機能
・生理トラッキング

機能はガーミンやHuaweiと比較しても充実しています!

1万円以下の格安スマートウォッチより絶対におすすできると断言できます!

口コミ•評価

TwitterでFitbit versa3の口コミ・評判をみてみました。

運動のモチベーションやバッテリーの長持ち

ウォッチフェイスの設定に期待して購入している声が多数見受けられました!

【レビュー】Fitbit versa3を使ってみた!

では、購入してFitbit versa3を開封から機能を使い切ったレビューの様子を紹介していきます。

【レビュー】Fitbit versa3を使ってみた!
Fitbit versa3の箱

ケースもオシャレなデザイン。

「プレゼントで貰っても嬉しいなっ!」と感じました。

付属品は下記の通り。

付属品
付属品

・Fitbit versa3本体
・充電ケーブル
・バンド(S / Lサイズ)
・取扱説明書

マニュアルは日本語

付属品の取扱説明書は日本語で記載されていますので、安心できます。

マニュアルは日本語で安心!
説明書・マニュアル

ただ、詳細はあまり記載されてないので、

使い方に関しては、公式サイトのFitbitマニュアルページが参考になります。

バンド・ベルトは交換可能!

付属品のバンドはシリコン素材

バンド・ベルトは交換可能!
シリコンバンド
バンド留め具
バンド留め具

シリコン製は水にも強いので、運動やシャワーの時も心配なく使えます。

肌触りも良いので、長時間使っても嫌な感じにはなりません!

おすすめの純正や非純正品バンドも売っているので、交換したい方は簡単に変更できます!

Amazonや楽天では非純正品ですが安めに購入でき、

公式ページのアクセサリーでは高めですが、レザー/スポーツ/ループバンドを購入できます。

・Fitbit senseのベルトと互換性がある
・ただし、Fitbit chargeシリーズとの互換性はない
・バンドはSとLサイズが付属しているので、サイズが合わない心配はなし

私は手首の厚みは細いのですが、Sサイズがちょうど良いです!
ガッチリした男性も細い女性も問題なくサイズに合うと思います!

充電方法・バッテリー

充電方法は付属品の充電ケーブルと自前のUSBアダプターを用意します。

充電方法・バッテリー
充電ケーブル
充電中
充電中

実際に使ってみて良かったのは、

・1週間バッテリーが持続すること!
・充電し忘れた時も急速充電ですぐに使えること!

充電についての情報は下記の通り。

充電時間12分で1日分の充電
バッテリー時間約1週間
ワイヤレス充電×

・充電ができないときは、充電ケーブルとFitbit本体の接触を確認してください
・ワイヤレス充電はありません

生活を便利・楽しくする機能

Fitbitの専用アプリをインストール後、Fitbit本体とBluetoothでペアリングすると機能の幅が広がります。

まず、生活を便利にしたり楽しくさせる機能をみていきます!

文字盤・ウォッチフェイスの種類が豊富!

ウォッチフェイスを変更したいときは、専用アプリで簡単に変更できます。

文字盤・ウォッチフェイスの種類が豊富!
アプリで通知設定

実際に変更したウォッチフェイスは下記の通り。

派手なデザイン(無料)
派手なデザイン(無料)
アナログのデザイン(無料)
アナログのデザイン(無料)
おしゃれなデザイン(無料)
おしゃれなデザイン(無料)
カラフルなデザイン(無料)
カラフルなデザイン(無料)

無料版と有料版がありますが、無料版のデザインが正直シンプルすぎて普通です。

有料版の方が綺麗なデザインがあっておすすめですね。

もしくは自分の写真で自作に待ち受けもできます。

天気予報

GPS機能も搭載されているので、現在地の天気予報をウォッチで確認できます!

天気予報
天気予報

GPSが搭載されているので、専用アプリで現在地の検出を許可していれば、

現在地の天気をすぐに確認することができます!

・雨の日に傘を忘れがちな方にはおすすめの機能ですね

LINE・メールを通知

メールやInstagram、LINEなどのSNSを通知で受け取ることができます。

まず、専用アプリで受け取りたいアプリを選択。

LINE・メールを通知
アプリで通知を設定

実際にLINEの通知を受け取った様子はこちら。

LINE通知の様子
絵文字もしっかり表示

ウォッチのサイズが大きいので、通知の文字がしっかり見えます

実際に使ってわかったことはこちら。

・メッセージは3-4行くらいで通知される
・絵文字もカラーで綺麗に表示
・スタンプは表示されない
・スマホがAndroidのみ返信機能が使える

手首で着信と通話

手首でFitbit versa3を装着しながら、着信と通話が可能です。

専用アプリで「versa3 Controls」をBluetoothでペアリングすれば使用可能です。

手首で着信と通話
手首で着信と通話
通話中に音量を変更可能
通話中に音量を変更可能

ヘッドホンと接続して使用すれば、スマホなしで着信を受けることができます。

・着信中に音量も調整できるので外でも問題なく聞き取れる
・途中でスマホの通話に切り替えることも可能

カメラ・リモートシャッター

スマホのカメラをFitbit versa3でリモートで撮影も可能です。

写真(リモートシャッター)

・大人数で自分も含めて写真撮影したいとき、スマホを置いて遠隔でシャッターを押せます

スマホ探し機能で紛失防止

「家に出る時にスマホがないっ!」となったときは、

Fitbit versa3のスマホ探し機能を使って、スマホを鳴らしましょう。

スマホ探し機能で紛失防止
スマホ探し機能で紛失防止

Bluetoothに繋がっている距離であれば、スマホを探知できます。

・意外と大きな音が鳴るので、すぐに見つけられる

もし、私みたいにスマホを紛失しやすい方は、

他のスマホ紛失グッズをまとめた記事も紹介してますので参考にしてください。

健康を管理する機能

次に、健康を心拍数や血中酸素濃度などの測定、睡眠管理などの健康を管理する機能を紹介します。

ただし、医療器具ではないのであくまで参考値としてください。

心拍数•血中酸素濃度の測定

健康機能として、心拍数や血中酸素濃度、ストレスなどを測定できます。

下記はリラックスモードで測定した心拍数の数値。

心拍数•血中酸素濃度の測定
心拍数の測定

下記は、血中酸素濃度の測定。

血中酸素濃度の測定
血中酸素濃度の測定

・自動で心拍数や血中酸素濃度などを測定
・データはFitbitアプリで管理できる
・過去のデータや週や月の変遷も確認できる

心電図・ecg

現在、日本では心電図アプリ対応がされておらず、10月から対応とのこと

心房細動を確認し、医師と共有できるとの記載ありです。

アプリが対応になれば、追記でレビューします!

音声アシスト・アレクサ

Fitbit versa3で音声アシスタント機能が使えます。

使える音声アシスト機能は「Google アシスタント」と「amazon アレクサ」の2通り

下記は「amazon アレクサ」で音声アシスト機能を使用した様子です。

天気を音声で聞いた回答
ワンピースの作者を聞いた回答

・音声認識の精度は抜群に問題なし!
・回答は音声と文字で返ってくる

運動・エクササイズ

運動機能としては、歩数や消費カロリー、距離などを計測できます。

歩数とカロリー計測
歩数とカロリー計測
時間帯のカロリー表示
時間帯のカロリー表示

エクササイズ機能では、ランニング・ウォーキング・サイクリング・ゴルフ・登山の計測などがあります。

実際にウォーキング機能を使用した様子は下記の通り。

エクササイズ・ウォーキング機能
エクササイズ・ウォーキング機能
 GPSで移動距離もデータ化
GPSで移動距離もデータ化

・運動データは専用アプリでデータ化できる
・他のスマートウォッチと比較しても運動機能は豊富
・ウォーキングやランニングの計測は優秀だが、ゴルフ機能は微妙

エクササイズ機能の中にゴルフもありますが、消費カロリーを計測するだけで機能として不十分な印象。

もし、ヤード数の計測やスイングスピードなどの詳細のゴルフ機能を使いたい方は、

Garminのスマートウォッチを個人的におすすめします。

音楽コントロール(Spotify)

Fitbit シリーズで「Fitbit premium」に加入すると、

Spotifyと連携してFitbit 本体から音声をコントロールすることができます。

下記がSpotifyで「SEKAI NO OWARI」の「Habit」を流した様子です。

音楽コントロール(spotify)
音楽コントロール

・曲のスキップや巻き戻し、音の大きさを調整をすることができる
・FitbitからSpotifyのライブラリから選曲も可能
・itunesやApple music、amazon musicの音声コントロールはできない

Spotifyに限定されますが、Fitbit本体から曲名をみて曲選ができるのは優秀!
他のスマートウォッチは音声のスキップや音量調整に止まる印象です。

睡眠スコア機能

Fitbit versa3本体を身につけたまま寝ると、自動的に睡眠計測してくれます。

計測されたスコアを下記のような専用アプリで確認できます。

睡眠スコア(アプリ画面)
睡眠スコア(アプリ画面)
睡眠計測の詳細データ
睡眠計測の詳細データ
睡眠計測でわかるデータ

・合計の睡眠の質スコア
・レム睡眠とノンレム睡眠時間
・合計睡眠時間

Fitbit premiumに加入すると、いびき検出などの追加機能が使えます。

また、睡眠機能と付随して、

夜間に連絡通知をオフにする「おやすみモード」や朝に振動で起こす「アラーム機能」もあります。

ただ、Fitbit versa3の睡眠機能は優秀ですが少し重いので、

睡眠機能として使用するのであれば、「Fitbit charge5」を個人的におすすめします。

詳しくは「Fitbit charge5」のレビュー記事を参照してください。

Fitbit PayでSuica使用

専用アプリでFitbit Payを設定すれば、Suica機能が使えます

Fitbit payでできること

・Suica → ◯
・Pasmo:×(Suicaで電車など利用できます)
・クイックペイ:×
・PayPay:×
・楽天edy:×

実際にSuicaを使用した様子はこちらです。

suica
電車でSuicaを使用した様子

Fitbit versa3のSucia使用場面の一例は下記の通り。

・交通公共機関(電車・バス)
・自動販売機
・ファミレスやコンビニなどのお店

ただ、Fitbitシリーズでは定期券の購入やグリーン券の購入はできません。

電子マネー決済やSuciaの機能を優先してスマートウォッチを比較・選びたい方は下記の記事を参考にしてください。

Apple Watch、Fitbit sense、charge5との比較表・違い

最後に、「Fitbit versa3」と他の「Fitbitシリーズ」、「Apple Watch」

スペックや機能を比較した表をまとめたのでぜひ参考にしてください。

スクロールできます
ブランドFitbit versa3Fitbit senseFitbit charge5Apple Watch
series 7
Apple Watch
SE
イメージ
サイズ縦横40.48mm縦横40.48mm縦 21.93 × 横14.75mm縦横41mm / 45mm縦横41mm / 45mm
重さ 約42g約42.2g約29.3g約32-51g約31-36g
スマホiPhone / AndroidiPhone / AndroidiPhone /
Android
iPhoneiPhone
本体カラー5カラー3カラー3カラー5カラー3カラー
防水深水50m深水50m深水50m深水50m深水50m
バッテリー時間約1週間約1週間約1週間約1日約1日
決済方法Fitbit PayFitbit PayFitbit PayApple PayApple Pay
Suica
睡眠測定
GPS
血中酸素×
音声アシスタント×
音声通話
メッセージ返答AndroidのみAndroidのみAndroidのみ
音楽操作SpotifyのみSpotifyのみSpotifyのみ再生中アプリ再生中アプリ
スマホを探す
ストレス管理××
皮膚温センサー××××
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ

Fitbitの他の最新シリーズのレビュー記事は下記に参考にしてください!

有名なスマートウォッチメーカーである「Garmin」や「Huawei」とApple Watchを比較した記事もまとめてます。

もし、新品ではないけど状態の良い中古で安めが欲しい方は、

中古ショップ「イオシス」 で購入することをおすすめします!

特に、Apple Watchの種類が多いので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ・メリットとデメリット

今回、Fitbit versa3のスペックや機能を紹介したレビュー記事を紹介させていただきました。

最後によくある質問に答えてみました。

Fitbit versa3のデメリットを教えてください。

重量が若干重く、Androidしか使えない機能があります。

Fitbit versa3のメリットを教えてください。

Fitbit senseと比較してコスパがよく、Suicaや音声アシスタントなど機能が豊富です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブログ歴5年。
スマートウォッチをメインにガジェット系の紹介をしています。
普段の仕事は営業やサイト運営などしてます。
スマートウォッチをこよなく愛用してます。

コメント

コメントする

タップできる目次