【完全ガイド】Fitbit senseでのSuica設定方法や使い方まとめ!

【完全ガイド】Fitbit senseでのSuica設定方法や使い方まとめ!

「Fitbit sense購入したけど、Suicaが使えない!」「Suica使いたいけど、設定方法がわからない!」

という方に、今回は、Fitbit senseのSuicaの使い方について詳しく紹介します。

過去の記事で、「Fitbit sense」の体験レビュー記事を紹介してますので、

スペックや機能を改めて知りたい方は参考にしてください。

こんな方におすすめの記事です。

・Fitbit sense を購入して、Suicaの設定方法を知りたい方
・Fitbit senseのSuica機能で、何ができるか知りたい方
・Fitbit senseのアプリでSuicaが表示されなくて、困っている方

タップできる目次

Fitbit senseのSuica機能でできること

では、まずFitbit senseのSuica機能で使える場面を下記の通りです。

Suicaでできること

・公共交通機関(電車・バスなど)
・自動販売機(駅のホームや駅周辺)
・店舗(ファミレスやチェーン店、コンビニなど)

上記のようにFitbit senseのSuica機能で多くの機能が使えることがわかります。

Fitbit senseのSuica機能でできること(改札)
改札での使用様子
Fitbit senseのSuica機能でできること(コンビニ)
コンビニでの使用様子

私は現金レスの生活スタイルに変わりました!

Suicaの設定とチャージ方法

では、次にFitbit Suicaの設定方法をお伝えしていきます。

Fitbit senseを購入後にまず充電し、専用Fitbitアプリとペアリング後に下記をお試しください。

STEP
アプリをインストール後、ウォレットをタップ
アプリをインストール後、ウォレットをタップ
トップ画面の左上のアイコンをタップ後の画面
ウォレットをタップ
ウォレットをタップ
STEP
Fitbit Payで「Suica」をタップ
Fitbit Pay
Fitbit Pay
Suicaのタップ
Suicaのタップ
STEP
Suicaを新規発行し、チャージをする
Suicaを新規発行
Suicaを新規発行
チャージ額を選択
チャージ額を選択
STEP
クレジットカードでGoogle Pay支払い
クレジットカードを選択
クレジットカードを選択
Googleアカウントに移動
Googleアカウントに移動
STEP
一度登録すれば、今後はログインのみ
クレジットカードで支払い
クレジットカードで支払い
同意
同意
STEP
SuicaのIDとチャージ完了
Suicaの登録完了
Suicaの登録完了
FitbitのSuica画面
FitbitのSuica画面

利用履歴の確認方法

uicaの利用した履歴を見たい方は下記の手順でご確認ください。

SF(電子マネー)利用履歴をタップ
SF(電子マネー)利用履歴をタップ
過去の利用履歴を確認
過去の利用履歴を確認

入金だけでなく、乗車・下車した駅名と金額もデータに記載されますので、

経費精算などでも利用できます。

専用アプリでSuicaマークが表示されない場合

「専用アプリでSuicaを探したけどない!」「アップデートしたら、急に使えなくなった!」という方、

私も2022年7月に同じような現象が起きたのでご紹介します。

Ftbitのカスタマーサービスに電話で確認し、メールで案内があったやり方です。

STEP
スマホから「Fitbit」アプリを削除

※同期していないデータは消えてしまうので、削除前に一度同期しておきましょう。

STEP
ブラウザでFitbit公式ページを開く

公式ページはこちら

STEP
Fitbitのアカウトにログインして、ダッシュボードを開く

ログインIDはアプリ取得時に登録したパスワードです。

STEP
ページの歯車マークを押す

右上にあります。

STEP
国を「日本」に設定し、保存

国の選択肢が「アメリカ」になっている方が多いと思います。

STEP
スマホで再度、アプリをインストールしペアリング

インストールし、ログインしてください。

STEP
「ウォレット」を押して、Suicaの表示を確認

上記でSuica設定方法で紹介した流れと同じです。

まとめ

Fitbit senseのSuica機能の設定方法や使い方をご紹介させていただきました。

最後にFitbit senseのSuica機能のメリットやデメリットをご紹介します。

メリット

・新規でSuica発行できる
・Google Payで簡単にチャージできる
・Suicaの利用履歴が確認できる

デメリット

・定期券が購入できない
・グリーン券が購入できない
・自動チャージできない

もし、スマートウォッチで定期券やグリーン券の購入、
自動チャージをしたい方は、Apple Watchがおすすめです!

FitbitとApple Watchのスペックや機能について比較した記事を下記にて紹介しています。

「Suica機能搭載のスマートウォッチが欲しいけど、まだどの機種にしょうか迷っている」という方は、

Suica搭載のスマートウォッチ比較まとめ記事を参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブログ歴5年。
スマートウォッチをメインにガジェット系の紹介をしています。
普段の仕事は営業やサイト運営などしてます。
スマートウォッチをこよなく愛用してます。

コメント

コメントする

タップできる目次