MENU

【徹底比較】Fitbit charge4と5のスペックと機能の違いとは?

【徹底比較】Fitbit charge4と5のスペックと機能の違いとは?

こんにちは。スマートウォッチを20本以上愛用し続けている、えなブログ@enavlog)です。

今回はFitbitのスマートブレスレットシリーズである、

「Fitbit charge4」と「Fitbit charge5」のスペックや機能の違いをご紹介します。

どちらを購入すべきか迷って方もスッキリできると思うのでぜひ参考にしてください。

この記事が参考になる方

・Fitbit charge4と5のスペックの差を知りたい方
・機能の違いを知りたい方

実際に2つとも購入したからこそわかる違いをお伝えしていきます!

タップできる目次

Fitbit charge 4 vs 5 スペックと機能の比較

では、早速、お互いのスペックと機能の違いをお伝えします。

この記事でわかるお互いの比較

・スペック・仕様
・充電方法
・バンド(互換性)
・運動機能
・睡眠機能
・Suica機能
・音楽操作
・その他の機能

スペック・仕様

お互いのスペックと仕様のまとめはこちら。

ブランドFitbit charge5Fitbit charge4
画面サイズ縦 21.93 × 横14.75mm縦 35.8mm × 横22.7mm
対応OSiPhone / AndroidiPhone / Android
カラーブラック・ホワイト・ブルーブラック・ブルー
重量約29.3g約27.6g
防水レベル深水50m深水50m
Fitbit charge5 29.3g
Fitbit charge5 29.3g
Fitbit charge5 27.6g
Fitbit charge5 27.6g

・画面サイズではFitbit charge5がよりスリム
・重量ではFitbit charge4が若干軽い
・どちらもiPhoneとAndroidでペアリングができる
・Fitbit charge4のブラックカラーのみ、Suica機能が使える

ディスプレイ・LINE通知の様子

お互いのディスプレイ・LINE通知の様子を見てきます。

ディスプレイの明るさの違い

結論をお伝えすると、

・ディスプレイの明るさは、Fitbit charge5が上(2倍ほど)
・Fitbit charge5の方がカラーで見やすい

LINEの通知の様子をみると、ディスプレイの明るさ・カラーの違いがよくわかります

Fitbit charge5のLINE通知
Fitbit charge5のLINE通知
Fitbit charge4のLINE通知
Fitbit charge4のLINE通知

LINEの通知表示を見てもFitbit charge5の方が、見やすいのがわかります。

Fitbit charge5の方が絵文字もカラーで表示されるので、全然違いはわかると思います。

・Fitbit charge5の方がディスプレイ・明るさが上
・Fitbit charge5は、LINE通知の絵文字がカラーで表示される
・LINE通知はどちらも4-5行の表示、スタンプは表示されない
・どちらもAndroidしかメッセージの返信ができない

充電方法・バッテリー時間

お互いの充電方法・バッテリー時間はこちら。

Fitbit charge5の充電方法
Fitbit charge5の充電方法
Fitbit charge4の充電方法
Fitbit charge4の充電方法

若干充電ケーブルが異なりますが、磁石型充電という意味ではどちらも違いはありません

Fitbit charge5Fitbit charge4
充電時間約2時間約2時間
バッテリー時間約1週間約1週間

・どちらもバッテリー時間が約1週間と長いのが特徴
・Apple Watchは1日くらいしか持たない
・充電ケーブルが短いのがネック(15cmくらい)

バンド・ベルト種類と交換

どちらも最初はシリコン製のバンドが付属品として同封されています。

Fitbit charge5のベルト
Fitbit charge5のベルト
Fitbit charge4のベルト
Fitbit charge4のベルト

シリコン製のバンドなので、雨やシャワーで濡れても問題ございません

Fitbit charge5の付属のバンドは、バンドの留め具が重なっているので、

激しい運動してもより落ちないような仕掛けになっています!

また、純正品などのバンドを購入すれば交換することも可能です。

簡単にバンドを外せる仕組み
簡単にバンドを外せる仕組み
カジュアルバンドに交換
カジュアルバンドに交換

・どちらも同封の付属品バンドは、シリコン製になっている
・どちらも純正品、非純正品バンドと交換が可能
・しかし、Fitbit charge5とcharge4のバンドの互換性はなし

運動データ・エクササイズ

お互いの運動機能の比較はこちらです。

Fitbit charge5の運動管理
Fitbit charge5の運動管理
Fitbit charge4の運動管理
Fitbit charge4の運動管理

どちらも歩数・距離・消費カロリーなどの運動データの計測や管理ができます。

こちらも専用アプリで現在と過去のデータを確認でき、

目標値を設定することで、達成するとアラームが鳴ってモチベーションにもつながります!

運動管理(専用アプリ)

・どちらも運動(歩数・距離・消費カロリーなど)の計測ができる
・専用アプリでデータ化できる

健康データ管理

健康データ機能の比較は下記の通り。

Fitbit charge5 心拍数測定
Fitbit charge5 心拍数測定
Fitbit charge4 心拍数
Fitbit charge4 心拍数

どちらも健康管理(心拍数・血中酸素濃度など)で計測やデータ化できる機能は同じです。

専用アプリで現在・過去のデータを見ることができます。

・健康管理(心拍数・血中酸素濃度など)計測できる機能はほとんど同じ
・専用アプリでデータを確認できる

睡眠データ計測

どちらも専用アプリが同じなので、睡眠機能の違いはほとんどないと言っても良いでしょう。

アプリでの睡眠機能の様子
アプリでの睡眠機能の様子
レム・ノンレム睡眠のデータもわかる
レム・ノンレム睡眠のデータもわかる

いろんなスマートウォッチを使って来ましたが、

個人的には、Fibitが睡眠機能として一番おすすめしています!

おすすめの理由

・重量が他のスマートウォッチに比べて軽い!
・バッテリーが長持ち!
・スマートアラームがある!

Apple Watchが約40gの重量に対して、Fitbit chargeシリーズは約30gとなりかなり軽いです。

また、Apple Watchは毎日充電する必要があるので、睡眠中に充電すると考えると、

Fitbitは1週間もバッテリーが持つので、睡眠中も充電する必要がなく装着できます。

私はFitbitのおかげで朝が早く起きれるようになりました!
その体験談の話も記事にしてますのでぜひ参考にしてください!

・どちらも睡眠スコア(睡眠時間、質)を計測してくれる
・レム睡眠・ノンレム睡眠の時間も計測してくれる
・個人的にどのスマートウォッチよりも睡眠計測として最適

Fitbit PayによるSuica機能

お互いのSuica機能を見ていきます。

Fitbit charge5のSuica機能(電車の改札)
Fitbit charge5のSuica機能(電車の改札)
Fitbit charge4のSuica機能(コンビニ支払い)
Fitbit charge4のSuica機能(コンビニ支払い)

どちらもSuica機能を使って、電車やコンビニ、スーパーなどで買い物ができます

しかし、注意点はFitbit charge4ではブラックカラーのみになります。

チャージ方法はFitbit Pay (Google Pay)でクレジットカードを登録して、チャージさせます。

FitbitのSuicaでできること

・アプリでSuicaの新規発行ができる
・チャージができる
・利用履歴が見れる

FitbitのSuicaでできないこと

・オートチャージができない
・定期券が購入できない
・グリーン券の購入ができない

・FitbitシリーズのSuica機能は、新規発行、チャージ、利用履歴ができる
・FitbitシリーズのSuica機能は、オートチャージや定期・グリーン券の購入ができない
・Fitbit charge4はブラックカラーのみSuica機能ができる

音楽再生操作

お互いの音楽操作をみてきます。

Fitbit charge4でSpotifyの連携

実は音楽操作ができるのはFitbit charge 4のみ。Spotifyと連携できる!

Fitbit charge5の音楽再生操作機能がないのは残念です。

・音楽操作(Spotify)の操作はFitbit charge4のみ

比較表

最後にお互いを比較表にしてまとめてみました。

ブランドFitbit charge5 Fitbit charge4
イメージ
画面サイズ縦 21.93 × 横14.75mm縦 35.8mm × 横22.7mm
対応OSiPhone / AndroidiPhone / Android
カラーブラック・ホワイト・ブルーブラック・ブルー
重量約29.3g約27.6g
防水レベル深水50m深水50m
バッテリー時間約1週間約1週間
バンド交換
メール・LINE通知
運動データ計測
睡眠データ計測
Suica機能全カラーブラックカラーのみ
スマホ探し
音楽操作×

お互いのレビュー記事でも使った様子を詳しく紹介しています。

よくみんなが使用しているApple WatchとFitbitの違いもまとめ記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

まとめ・どちらがおすすめ

Fitbit charge5とcharge4の違い・比較について紹介させていただきました。

上記の比較から、最後にお互いのおすすめできる方をまとめさせていただきます。

Fitbit charge5がおすすめの方

・明るいディスプレイで使用したい方
・ブラックカラー以外でSuica機能を使用したい方

Fitbit charge4がおすすめの方

・コスパを求める方
・音楽操作機能を使いたい方

上記で記載したように、FitbitではSuicaや電子マネーで使える特徴が変わります

Suicaや電子マネーについてのおすすめスマートウォッチは下記になります。

メンズ向けおすすめのスマートウォッチはこちら。

レディース向けおすすめのスマートウォッチはこちら。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブログ歴5年。
スマートウォッチをメインにガジェット系の紹介をしています。
普段の仕事は営業やサイト運営などしてます。
スマートウォッチをこよなく愛用してます。

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる