スマートウォッチ

スマートウォッチのデメリット5つ!購入して気づいたこと!

スマートウォッチのデメリット5つ!購入して気づいたこと!

スマートウォッチのメリットは、運動意識が上がる、健康思考になる、生活が便利になるなどが挙げられます。
では、デメリットはどんな点でしょうか?

今回は、逆にスマートウォッチを購入して気づいたデメリットを5つまとめて見ました。

スマートウォッチのデメリット5つ

良さと悪さは紙一重ですが、個人的に感じているデメリットをご紹介します。

1、充電をしなければならない

充電をしなければならない

スマートブレスレットやタッチスクリーン型のスマートウォッチなら充電が必要になります。
通常の時計の電池タイプと違うので、充電し忘れなどがあると利用できません。
そこがデメリットになります。

また、旅先などで充電器を忘れてしまうと辛いです。
スマホと同じように、こまめに充電する習慣をつけることが大切になります。

しかし、ハイブリッド型のスマートウォッチなら充電がなくなる心配はありません。
通常の時計と同様の電池交換になります。

ハイブリッド型のスマートウォッチに興味がある方は、【2018年版】おすすめのハイブリッドスマートウォッチ7選!でご紹介しているので参考にしてください。

2、精度は完璧ではない

精度は完璧ではない

機能の完璧を求めてしまいますが、必ずしも精度は完璧ではありません。

使用して感じることは、歩数計の制度かなり高いです。
数えて見ても歩いた分、しっかりデータ管理されます。

しかし、心拍数や血圧計の精度は高いとは感じません。
スマートウォッチには、「医療用としてではなく、あくまで参考値として使って欲しい」と謳っています。
私も全て信じるわけではなく、あくまで参考値として使っています。

完璧な精度も求めない方が良いです。

3、設定に時間がかかる

設定に時間がかかる

スマートウォッチを購入してから、アプリをインストールしたり、自分の個人情報を登録したり設定に時間がかかります。
だいたい15分くらいあれば完了しますが、
最初はつまづくかもしれません。

また、どのアプリを通知機能に設定するのか、見方はどこなのか、迷います。
使い方を紹介してるサイトを見たり、やりながら慣れるのが良いです。

4、どのスマートウォッチにすべきか迷う

どのスマートウォッチにすべきか迷う

最近、スマートウォッチが増えています。
どれにすれば良いのか迷ってしまいます。

私はずっと集めているので、なんとなくわかりますが、最初は分からないかもしれません。
個人的なおすすめは、安価なスマートブレスレットを最初に使ってみることです。
安いのなら1500〜4000円程で購入できます。

まず、スマートブレスレットを購入して、どんなものか試してみてください。
良ければ、少し高価なブランドのスマートウォッチを使ってみると良いです。

安価なスマートブレスレットは、【2018年版】おすすめ11選!スマートブレスレットを徹底比較!でご紹介しています。

5、Suica対応のスマートウォッチが少ない

Suica対応のスマートウォッチが少ない

個人的に欲しい機能が、Suica対応です。
「AppleWatch3」ならSuica 対応をしていますが、他のスマートウォッチはその機能がありません。
電車をよく利用する側としては、ぜひいれて欲しいのですが。

Sonyのスマートウォッチ「wenaシリーズ」では、電子マネー決済の機能があります。
Edy決済もあり、かなり便利です。

【電子マネー】簡単楽チン!スマートウォッチでEdy決済機能を体験して見た!でスマートウォッチを使って、電子マネー決済をしている様子を紹介しています。

Suica対応のスマートウォッチが販売されたら、すぐにでも購入したいです。

まとめ&メリット

スマートウォッチのデメリットを5つご紹介しました。
まとめると、

スマートウォッチのデメリット
・充電をしなければならない
・精度は完璧ではない
・設定に時間がかかる
・どのスマートウォッチにすべきか迷う
・Suica対応のスマートウォッチが少ない

 

になります。

今回はデメリットをまとめましたが、メリットもたくさんあります。
では、メリットをまとめているので、ぜひ参考にしてください。

-スマートウォッチ

© 2020 スマートウォッチ大百科 Powered by AFFINGER5