スマートブレスレット

スマートブレスレットの基本的な充電方法を紹介!

 
スマートブレスレットの基本的な充電方法を紹介!
 

ハロー!スマートウォッチマニアです。
今回はスマートブレスレット の充電方法について紹介します!

「スマートブレスレットって気になってるんだけど、あんなにスリムでどうやって充電しているの?」って気になっている方もいるかと思います。


そんな疑問を思う方や購入経験がない方へ、スマートブレスレットの主な充電方法をご紹介します。

充電方法は主に2種類

充電方法を知っておくと、スマートブレスレットの選び方の参考になります。
何個か集めた中で、主に2種類の充電方法があることに気づきました。

ポイント

クリップ式充電タイプ

USB充電タイプ

クリップ式充電タイプとUSB充電タイプです

クリップ式充電タイプ

クリップ装着タイプ

専用ケーブルを使い、スマートブレスレットに上手く装着させて充電します。
装着場所は決まっており、クリップの部分に上手くフィットさせます。

上手くフィットしたら、ディスプレイに充電マークが表示され、正常に充電されます。
上手くフィットしないと、充電されないことがよくあります。

▼でクリップ式充電タイプのメリットとデメリットをまとめました。

メリット

  • スマホのように充電器を使う習慣があるので、充電を忘れない。

 

デメリット

  • 専用充電器を持ち運ぶ必要がある。

 

 

 

常に家のUSBアダプターに充電器を差し込んでおけば、帰宅した際に装着させるだけですね!

 

USB充電タイプ

USB充電タイプ

スマートブレスレット本体からベルトを外すことで充電をします。
ベルトを外した本体は、USBポートになっているので、そのままアダプタに接続できます。

上手く接続できれば、ディスプレイに充電マークが表示されます。
方向によって上手く充電ができないときがあるので注意が必要です。

▼でUSB充電タイプのメリットとデメリットをまとめました。

メリット

  • 充電器を持つ必要がない。

デメリット

  • ベルトを外すので、無くす可能性がある。

 

 

 

充電器をいつもどこかに忘れてしまう私には便利ですね。でもベルトを無くさないようにしないと!

 

人気スマートブレスレット「semiro」ならUSB充電方法

スマートブレスレットの「semiro」ならUSB充電タイプを購入したい人におすすめです。

鮮明なディスプレイ、8種類のカラースクリーン、24時間心拍計測、血圧測定など機能が豊富で楽しめるスマートブレスレット です。

購入レビューは下記から確認でき、機能を動画でご覧もできます。

【2020年 semiro】 スマートウォッチ IP67防水 活動量計 心拍計 スマートブレスレット 歩数計 GPS運動記録 遠隔撮影 消費カロリー 腕時計
created by Rinker

スマートウォッチ の充電方法の場合

スマートウォッチ はスマートブレスレットと違って2つの充電方法があります。

どちらも充電器が必要になるので、充電器を無くさないようにする注意が必要です。

ポイント

・磁石タイプ

・挟み込みタイプ

 

磁石タイプ 挟み込みタイプ
磁石タイプ 挟み込みタイプ

詳しくは下記のリンクで詳しく紹介しています。

【まとめ】スマートウォッチの充電方法や充電不要のものを紹介!
【まとめ】スマートウォッチの充電方法や充電不要のものを紹介!

基本スマートウォッチでは、スマホと同様充電が必要になります。 今回は、主なスマートウォッチの充電方法やブランド別の充電方法、充電不要のものなどご紹介します。 充電方法は主に3つ スマートウォッチの充電 ...

続きを見る

まとめ

スマートブレスレットの基本的な充電方法をご紹介させて頂きました。
主に、クリップ式充電タイプとUSB充電タイプの2つになります。

両方ともメリットとデメリットがあるので、
スマートブレスレットを選び時の参考にしてください。

-スマートブレスレット

© 2020 スマートウォッチ大百科 Powered by AFFINGER5