フィリピン留学

【フィリピン留学】寮は1人部屋より相部屋の方が良い7つの理由!

【フィリピン留学】寮は1人部屋より相部屋の方が良い7つの理由!

今回はフィリピン留学を3ヶ月経験したからこそ言える、
寮の部屋は1人部屋ではなく、相部屋にすべき理由を全てお伝えします!

留学を考えている方は参考にして下さい。

フィリピン留学は基本、寮生活

【フィリピン留学】寮は1人部屋より相部屋の方が良い7つの理由!

留学といえば、ホームステイやシェアハウスといったイメージがあるかもしれません。
しかし、フィリピン留学では基本的に寮生活になります。
フィリピンでホームステイってなんか怖いですからね。笑

シャワーや洗濯機、キッチンは共同で利用するところが多いです。
私が留学したQQ Englishでは、ほとんど共同でした。
共同で過ごし、みんなと一緒にいるから安全、という考え方もあります。
フィリピン留学を考えている方はまず、そこを理解して下さい。

共同生活が通常である中で、1人部屋にするのか、相部屋にするのかどちらかを選べます。
1人部屋と相部屋の様子、メリット、デメリットをお伝えします。

1人部屋の場合

まず、1人部屋についてです。

留学する学校によって違いますが、基本的にベッド1つ、机1つといったシンプルな部屋です。
寮の建物には他の生徒も住んでいるので、部屋を出れば誰かに会える状況です。

料金ですが、私が留学していた寮の1人部屋の費用です。


1week 85,000
2week 118,100
3week 149,100
4week 179,800

 

後に2人部屋、4人部屋の費用をご紹介しますが、相部屋よりも1万円程高くなります。
プライベート感がある分高くなります。

▼が1人部屋のメリットになります。

1人部屋のメリット
・プライベートができる
・安全面は相部屋より良い
・静かに勉強できる

 
▼が1人部屋のデメリットになります。

1人部屋のデメリット
・学校で友達を作るしかない
・軽い誘いに誘われにくい
・情報が不足がちになる

 

自分の勉強時間であったり休息のプライベートの時間ができますが、友好関係が広がらない可能性があります。

相部屋の場合

次は、相部屋の場合です。
2部屋なのか4人部屋なのかで状況は少し変わるかもしれませんが、基本的に相方は外国人になります。

料金ですが、私が留学していた寮の4人部屋の費用です。

1week 76,300
2week 101,500
3week 128,100
4week 149,800

 

4人部屋の場合だと、1つの部屋に2段式のベッドが2つあり、1人ずつ机があります。
慣れていない方にとっては、かなり狭く感じるかもしれません。

▼が相部屋のメリットになります。

相部屋のメリット
・寂しさがない
・友達ができる
・盛り上がると楽しい

 

▼が相部屋のデメリットになります。

相部屋のデメリット
・プライベートがない
・安全面が、、、
・好きな時間に電気が消せない、シャワーが浴びられない

 

プライベートがない分、友達がたくさんできて楽しく感じると思います。

相部屋だと絶対良い7つの理由

相部屋だと絶対良い7つの理由

1人部屋のメリット、デメリット、4人部屋のメリット、デメリットをご紹介させて頂きました。

ただ、私の体験談では絶対的に相部屋の方をおすすめします。
相部屋にして本当に良かったと感じています。

私が感じた相部屋の方が良い理由を7つご紹介します。

1、外国人の友達ができる

まず、1つ目は「外国人の友達が作りやすい」ことです。
もちろん学校やその他でも外国人の友達ができることはできます。
しかし、同じ部屋になれば、物理的な距離が近い分すぐに仲良くなれます。

フィリピン留学の授業では、基本8コマの授業がある為、昼休みと夕ご飯後しか学校の友達と関わることができません。
授業と授業の10分の時間では移動時間で終わってしまいます。
その中で外国人の友達を作るのは、積極的に話さない限り難しいでしょう。

既に輪ができている外国人の中に飛び込むのも勇気が必要です。
夕ご飯を狙ってもすぐどこかに行ってしまうかもしれません。

同部屋であれば、部屋に帰っても話すことができますし、ライフスタイルも理解できます。
さらに、その仲良くなった同部屋の外国人の友達を紹介してもらうことができます。
友達の友達ならハードルは高くないですからね。

他の留学先、例えば、アメリカやカナダ、オーストラリアではパブやコミュニティなどで友達を作れるかもしれません。
フィリピンではそういった場所がない分、学校での友達作りが大切になっていきます。

2、アウトプットの練習になる

2つ目は、「英語をアウトプットする機会が増える」ことです。
授業や個人勉強で覚えた単語やフレーズを話す機会が増えます。

授業を受けていると、「この単語覚えたい!」、「このフレーズいいな!」と思うことがあります。
英語を話せるようにするには、覚えた単語や覚えたいフレーズをアウトプットして自分の引き出しに入れることが必要だと個人的に思っています。

せっかく留学に来ているのであれば、アウトプットする機会を圧倒的に作って下さい。
英単語を覚えるなどのインプットは日本でもできます。

その日に習った単語を相部屋の友達にすぐに使って、自分のものにして下さい。

外国人の私生活がわかる

3つ目は、「外国人のがライフスタイルが知れる」ことです。
もちろん相部屋になった外国人がその国の代表的な特徴であることはありません。

日本人でも色んな人がいる訳ですから。
ただ、外国人の私生活を知れることは貴重な体験です。

これは日本ではなかなか体験できません。
1人部屋では感じられない体験でもあります。

そして、その体験は次の留学先や観光先でも活きてきます。
例えば、韓国人は上下の関係やグループの輪を大切にすることが相部屋になって分かりました。
これは次の留学先で同じ国の人と関わった時に役立ちました。

英語を話せれるようになる以外に、相手の文化に触れることも留学の醍醐味の1つです。

4、安全に対する意識が強くなる

4つ目は「安全意識がしっかりできる」ことです。
フィリピンの治安はかなり悪いです。
寮から一歩でたらストリートチルドレンが群がってくるなんて当たり前でした。

そんな環境の中で、安全に対して考えることが必要です。
相部屋だと1部屋よりも盗まれたりする危険性があります。
しかし、そんな状態だからこそ安全に対して自分で考えるようになります。

どこの国へ行っても日本程、安全な国はありません。
だからこそ、早い段階で安全に対して自分で考えるクセを作りましょう。
この体験が今後に生かされます。

5、WiFiをシェアできるかも

5つ目は、「何かあったら、WiFiがシェアできるかもしれない」ことです。
留学前ではWiFiは寮に付いてると教えられます。
が、接続が悪いことなんてしょっちゅうです。

部屋によって接続の善し悪しが分かれますので、運で決まります。
もしWiFiがない場合、絶望です。日本でもWiFiがない環境なんて考えられません。

そんな時、もし相部屋の方が個人でWiFiを契約していたら、借りれる可能性もあります。

6、価格を安く抑えられる

6つ目は、「1人部屋と比べると安い」ことです。
私が行っていた寮の1人部屋と2人部屋、4人部屋の料金表を比べました。

期間 1人部屋 2人部屋 4人部屋
1week 85,000 81,500 76,300
2week 118,100 111,400 101,500
3week 149,100 139,000 128,100
4week 179,800 169,800 149,800

 

浮いた費用で別の体験ができることも考えましょう。
例えば、フィリピンでは数万円でダイビングのライセンスを取ることも可能です。

7、情報交換ができる

7つ目は「色んな情報交換ができる」ことです。
例えば、英語が伸びない悩みを相談したら、何かヒントを教えてくれるかもしれません。

外国人は社会人であることも多いので、どんな仕事をしているかを聞いて、何かヒントがあるかもしれません。
どこかおすすめの観光スポットを教えてくれるかもしれません。

情報は宝です。貴重な情報を交換できるかもしれません。
相部屋なら、普段聞けない踏み込んだ質問もできる可能性があります。

実際に相部屋であったトラブル

実際に相部屋であったトラブル

実際に相部屋であったトラブルをご紹介します。
私が経験したことは、スマホのアダプターがなくなったことです。

結局犯人は誰かは分かりませんでしたが、自己管理の大切さを感じました。

他には、友達のほとんどが靴を盗まれたことです。
玄関に置くのではなく、部屋に持って帰る習慣を覚えました。

これは、日本の女性友達が経験した話ですが、部屋に置いてあったスーツケースごとを壊されて、現金3万を盗まれました。
ちゃんと鍵をかけていたのですが、相部屋の友達も知らないとのことでした。
これに関してはどうにもならないですが、こういったトラブルも海外の醍醐味の1つかなと感じます。

相部屋で気をつけてたこと

相部屋で気をつけてたこと

最後に、相部屋の際に気をつけていたことをご紹介します。
▼のようにまとめてみました。

  • 貴重品はしっかりと身につける
  • →パソコンなどはスーツケースに入れて南京錠でロックし、机の下かベッドの下に隠す。

  • 相手の寝たい時間などライフスタイルを聞いておく
  • →後でトラブルになるのは面倒なので、最初に聞いておきました。

  • 異性の部屋にはいかない
  • →異性との問題はかなり厳しく、バレると一発退場の可能性があります。

  • ルールを知り、守る
  • →相部屋の子と寮の前でバーベキューをしていたら、火は使ってはいけないということで、引くほど怒られました。

  • 新しく入った子には、プチ歓迎会を開く
  • →どの国の人でも最初は不安なはず。リーダーシップを取り、飲みに行こうと誘ってました。

  • 金銭はちゃんとする
  • →お金のトラブルは最悪。誰がいくら払ったかなどちゃんと管理しました。

  • 物に名前を書く癖をつける
  • →洗濯物も共同だったので、靴下の片方がないのは、日常茶飯事になってきます。しっかりと名前を書きましょう。

  • 補充品は早めに確保
  • →エアコンが寒い部屋だと、前からいる人に言いづらいです。デパートに行って毛布を買ったりすると良いです。あと椅子のクッションとかオススメです。

 

フィリピン留学を経験している方は、参考にして下さい。
もし、相部屋の方が気が合わないと感じても問題ありません。

基本、長く滞在する外国人は多くはいません。
相部屋でも数週間だけでしょう。

まとめ

フィリピン留学の寮では、1人部屋より相部屋の方が絶対に良い理由をご紹介させて頂きました。
これは体験談も基に紹介しているので、個人によって異なるかもしれません。

しかし、私は相部屋で本当に良かったと、帰国後に感じました。
これを参考に、フィリピン留学で良い経験ができて頂けると嬉しいです。

関連記事

  1. 【フィリピン留学】経験者が語る最高の土日の楽しみ方17選!

    フィリピン留学

    【フィリピン留学】経験者が語る最高の土日の楽しみ方19選!

    「フィリピン留学にせっかく来たし、土日は何をしたらいいんだろう?」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 【徹底比較】これでGoProマスター!HERO5・6モデルや「Session」・「Black」のスペック違いを紹介!
  2. 【天空の茶畑】岐阜のマチュピチュが想像を超える絶景だった!
  3. 【妻籠宿】昔の町並みの雰囲気を味わって、食べ歩きしてきた!

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 【2018年版】留守でも安心!ネットワークカメラ8つのスッペクを比較表でまとめ!

    ガジェット

    【2018年版】留守でも安心!ネットワークカメラ8つのスッペクを比較表でまとめ!…
  2. 【2017版】日本一の金運神社"新屋山神社"で金運カードを購入!

    旅日記

    【2017版】日本一の金運神社”新屋山神社”で金運カード…
  3. スマートブレスレット

    【レビュー】”Fitbit alta”を購入!機能・アプ…
  4. 【2018】おしゃれでオススメ!MacBook用ケースカバー9選をご紹介!

    ガジェット

    【2018】おしゃれでオススメ!MacBook用ケースカバー9選をご紹介!
  5. 【妻籠宿】昔の町並みの雰囲気を味わって、食べ歩きしてきた!

    旅日記

    【妻籠宿】昔の町並みの雰囲気を味わって、食べ歩きしてきた!
PAGE TOP