スマートブレスレット

【レビュー】スマートブレスレット「GanRiver/SW328」を購入!アプリや使い方をご紹介!

【レビュー】スマートブレスレット「GanRiver/SW328」を購入!アプリや使い方をご紹介!
人気スマートブレスレット「Ganriver」が気になっていたので購入しました。
機能面と使い勝手の良さでおすすめしたいアイテムです。
「Ganriver」の基本スペック、機能性と使い方、アプリとの連携、使用したレビューをご紹介していきます。

GanRiverとは

GanRiverとは
「引用:https://www.amazon.co.jp」

スマートブレスレットの中でもかなり人気で評価の高いアイテムです。
シリーズ化になっており、SW328の新作SW329も販売されています。

デザインはスリムで軽く、運動・健康・便利機能が搭載されたウェアラベルスマートブレスレットになります。

▼が「Ganriver」の基本スペック情報です。

型番 SW328
タイプ ウェアラベル
製造国 中国
公式ホームページ なし
カラー ブラック
重量 109g
充電時間 1.5時間
連続動作時間 約3日
充電時間 1.5時間
対応スマホ Android:4.3、iOS:7.0+Bluetooth:4.0以上
防水 IP67

 

多様な機能性

次に、「GanRiver」の機能性をご紹介します。
音楽再生機能や、紛失防止、長時間座りアラーム機能など他のスマートブレスレットではない機能があります。

「GanRiver」の特徴的な機能性をまとめてみました。

着信・SNS・メール通知 LINE、Facebook、twitter、Skype等の通知
アラーム 目覚まし、長居座り
活動量計 心拍計、歩数計
睡眠 睡眠時間、効率時間、深い眠り等を計測
カメラ遠隔操作 Ganriverからタップで撮影
音楽再生 Apple Music、ミュージックと連携して音楽を制御
エクササイズ サイクリング、縄跳び、腹筋、ランニング等の時間、回数を計測

 

スマートブレスレット本体だけでも機能は使えますが、アプリと連携することで更に機能の幅が広がります。
簡単にアプリとも連携できるので、楽しく使うことができます。

では、購入レビューをご紹介します。

「GanRiver/SW328」の購入レビュー

早速、「GanRiver/SW328」を購入しました!
パッケージがおしゃれです。

「GanRiver/SW328」を購入!

▼が付属品になります。かなりシンプルです。

付属品

  • 本体
  • 説明書

 

横にシルバーのラインが入っているデザインです。
幅は2.2cmでスリムなデザインになってます。

スリムなデザイン

手に取った感じもかなり軽く、他のスマートブレスレットより軽く感じました。

軽い

ベルトのフィット感が良い!

個人的に「GanRiver/SW328」のおすすめポイントはベルトです。
まず、調整しやすいタイプで、外れる心配はありません。

ベルト

次に良いのは、フィット感。
凸凹の形をしているのですが、何とも言えない締まりがあります。

ベルトのフィット感

ベルトにこだわる方にはおすすめです。

GanRiverの使い方

付属品の説明書はちゃんと日本語対応しています。
説明書通りに進めば、簡単に設定、アプリとペアリング、充電など使い方がわかります。

説明書

充電方法

まず、充電方法をご紹介します。かなり簡単で、充電器も不要です。
まず、本体から両側のベルトを取り外します。

充電方法

ベルトのバックル部分ではなく、本体側を持つと綺麗に取り外せます。

ベルトを取り外します

ベルトは無くさず保管し、本体だけを使って充電します。
本体がUSBポートに直接充電できるようになっています。

USBポートに直接充電

充電器が不要なタイプなので、充電器を忘れて充電できないという心配はありません。
また、充電時間は1時間半程で、3日間持ちます。

歩数計・心拍計を計測

実際に「Ganriver」を1日身につけて、歩数を計測してみました。
歩数「4687歩」という記録がでした。iPhoneのヘルスケアとほぼ同じ数値だったので、歩数計はかなり精度があると思います。

歩数計

次に、心拍数も計測しました。
まず、「Ganriver」のディスプレイをタップしてハートマークの画面を長押しします。

心拍数のハートマーク

長押ししてから数秒すると心拍数が計測されました。
実際にジャンプすると数値も上がったりしました。

心拍数を計測

スマホとペアリングしてアプリ連携

スマートフォンと「Ganriver」を連携してペアリングしてみました。
まず、説明書にあるバーコードを読み取ります。

読み込むと専用アプリ「8SPORT」のインストール画面にいけます。

スマホとペアリングしてアプリ連携

インストールしたら、ログイン画面にいきます。

ログイン画面

次にBluetoothをONにして、デバイスを探します。探せたらペアリング成功です。
ペアリングが成功すると、時計合わせもできました。自動的に日本の時間に合わせてくれます。

ペアリング

アプリのホーム画面では、当日の「歩数」、「消費カロリー」、「距離」のデータが表示されます。
ホーム画面

設定画面では通知機能などを調整できます。
自分が必要な機能を選択できるのもおすすめです。

通知機能

エクササイズ機能を体験

アプリにあるエクササイズ機能を体験してみました。
▼の運動データを記録できます。

運動データを記録

実際に「腹筋」のデータを計測してみました。
何回か腹筋をやりましたが、記録の反応はイマイチでした。上手く反応されません。
ここは改善されると嬉しいです。

腹筋計測

エクササイズ機能は個人的にはあんまり使いませんが、欲しい方には良いかもしれません。

ヘルスケアと連携

ヘルスケアとも連携ができます。
ログインした時か設定画面で連携を選択できます。

ヘルスケアとも連携

睡眠計測

睡眠機能も使ってみました。
「Ganriver」を装着して寝るだけで、睡眠データを計測してくれます。

睡眠計測

計測してくれたのは、「睡眠時間」、「睡眠効率%」、「深い眠り時間」、「光時間」です。
「睡眠時間」を計測するスマートブレスレットはありますが、「深い眠り時間」を計測してくれるのはあまりありません。

まとめ

スマートブレスレット「GanRiver/SW328」の購入レビューをご紹介させて頂きました。
基本情報、機能性、アプリ連携、レビュー情報は伝えることができたと思います。

「Ganriverのおすすめポイントは以下になります。

Ganriverのポイント
・ベルトのフィット感
・多機能(音楽制御、紛失防止、カメラ遠隔操作等)
・簡単充電
・睡眠計測

 

好評通りのスペックで、購入して満足でした。
実際に使ってみると良さが分かると思います。

他のスマートブレスレットと比較

他にもスマートブレスレットの購入レビューをご紹介しているので、ぜひ参考にして下さい。

【レビュー】スマートブレスレット「ANEKEN 」を購入!アプリや使い方を紹介!


 
【レビュー】スマートブレスレット”itdeal”を購入!機能や使い方をご紹介!

 
【レビュー】スマートブレスレット“Justcool”を購入!アプリ連動も試して見た!

 

-スマートブレスレット

© 2020 スマートウォッチ大百科 Powered by AFFINGER5