Apple Watch

【5分手順】Apple Watchとモバイルsuicaで新幹線を乗車する方法

【5分手順】Apple Watchとモバイルsuicaで新幹線を乗車する方法

 

今まで新幹線に乗る時は、窓口や格安チケットのお店で買ってました。

でも、東京駅で買おうと思った時に人が凄い並んでいて、この並ぶ時間がもったいないなーと思いました。

 

先日、Apple Watchのモバイルsuicaで新幹線を予約でき、すごく簡単だったのでご紹介していきます!

えなブログ
本当に改札に通れるか心配でしたが、大丈夫でした!

 

今回の記事で参考になる方

・Apple Watchをかざすだけで新幹線に乗りたい方

・詳細に新幹線の予約から知りたい方

・時短したい方

 

 

Apple Watchのsuicaで新幹線を予約する方法

 

まず、下記を用意してください。

 

必要なモノ

  • アプリ「モバイルsuica」
  • アプリ「smart EX」
  • Apple Watch (本体)

 

こちらがあれば、問題ありません。

 

Apple WatchとSuicaの連携をしておく

まず、使用のApple WatchとSuicaの連携が必要です。

既に新幹線以外の電車で、Apple WatchとSuicaを連携して使っている人は、こちらは省いてください

 

もし、できていない方は、アプリ「suica」をインストールして、使用しているsuicaとApple Watchと連携をしましょう。

完了した方は、新幹線の予約に進んでいきます!

 

スマートEXのアプリで、新幹線を予約

簡単な流れ

  • スマートEXをインストール
  • 条件を入力して、新幹線を予約
  • 普段Apple Watchで使用しているSuicaの番号を設定する

 

モバイルsuicaの登録が完了した方は、ネットで新幹線を予約できる「スマートEX」を使いましょう。

スマートEXの専門アプリ「スマートEX」の方が簡単なので、アプリの取得をおすすめします。

 

 

 

 

 

会員登録が完了したら、乗りたい新幹線の乗車条件を確認していきましょう。

私は豊橋というところに用事があったので、「東京」→「豊橋」の新幹線自由席を取った例を紹介します。

 

新幹線の「条件設定」を入力します。

乗りたい列車を選択します。

 

 

 

指定席(普通車 or グリーン車)もしくは自由席、どちらかを選びます。

あとは値段を確認して「予約画面」へ。

 

 

 

クレジットカードを登録しておけば、そのまま予約購入完了です。

 

 

この後に忘れてはいけないのが、「乗車用ICカードを指定する」です。

こちらを押して、Apple watchと連携しているSuicaの番号を設定しましょう。

 

下記の画面でSuicaのID番号を設定できます。

「>」をタップすると、右側の画面で変更もできます。

 

 

 

Suicaの場面を確認したい方は、専用アプリ「suica」に入ってトップ画面のsuicaカードをタップすれば、

下記のように「Suica ID番号」を確認できます。

 

 

予約が完了すれば、アプリのトップ画面も「予約済み1件」になってます。

最終のご確認をしてください。

 

 

 

あとは、メールも届く設定にしておけば、予約完了の通知がきて安心です。

 

 

改札でApple Watchをかざすだけ

本当に通れるか心配でしたが、無事に改札を通ることができました。

 

 

Suica画面を表示して、改札のコードにかざすだけです。

そうすれば、改札の切符券がでるところから、利用明細表がでます。

 

 

使ってみた感想です。

感想

・あらかじめアプリ設定していれば、5分で予約できるので凄く便利

・領収書もアプリやwebサイトから入手できるので、経費にも問題なし

・切符を無くす心配がない!

・とにかく時短になる

・予約時間に間に合わなければ、アプリで簡単に変更・キャンセルできるので助かる

 

-Apple Watch

© 2021 スマートウォッチ大百科 Powered by AFFINGER5